2016年11月18日

日系の病院が全くないところに住んでいます。

海外旅行損害保険で現地の病院に行くのは、疲れます。
今回は旅行保険には加入しませんでした。
これで、一ヶ月1万円弱うきます。汗

銀行カードでANA系のスルガ銀行の口座作ると、
カードに海外旅行損害保険が付帯していたので、一応作りました。
ネットで見ると、ヨコハマカードも良いようですね。
posted by 新上海人? at 23:44| 海外で病院に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

次は中国で歯医者に行きました。

食事の時に銀歯が取れたので、
海外旅行損害保険の会社に連絡して歯科医院にいきました。
(現地の中国人の歯科医院に行きました。)

一応、診断書を書いてもらい、領収書も保管していますが、
虫歯の場合は、普通は海外旅行損害保険で払い戻しはできないようです。
そのため、タクシーではなく、バスで行きました。

今回の治療費は、問い合わせるか、そのままにするか考え中です。
(歯科治療もキャッシュレスでできると良いですね。)
posted by 新上海人? at 00:29| 海外で病院に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

海外旅行損害保険の治療費の返還請求について(中国で)

キャッシュレスが受けられなかった場合の治療費の返還請求についてです。

@記入済みの保険金請求書と個人情報の取り扱いに関するご案内兼同意書
 保険証券のコピー、治療費の領収書(原本)、医師の診断書  
 タクシーの領収書、および
 中国の銀行口座詳細(通帳の1ページ目とキャッシュカードのコピー)
 上の書類を会社までファックス(またはメール)で送る。

A保険の対象となるか、保険会社が確認。

B治療費返還可能との連絡が来たら、書類原本を送る。

簡単にまとめると、書類をファックスやメールで送り、
旅行保険会社から治療費返還可能と連絡が来たら、原本を送るということです。

やはり、キャッシュレスではないと、複雑ですね。
posted by 新上海人? at 23:58| 海外で病院に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告